資金繰りに困ったらファクタリングで資金調達する

ファクタリングは企業が資金繰りに困ったときに活用できる金融手法の一つです。

製品等を売った債権には様々な種類がありますが、ある程度の事業規模になったり企業間取引の場合は、現金取引は少ないでしょう。

多くは、手形もしくは契約による約束である掛けでの取引のはずです。当然、製品等を引き渡しをしたあとで一定の期間がたたないと資金回収できなことがほとんどでしょう。



しかし、その間も支払いは発生しますし、販売する材料や商品の支払い代金は、売上代金の回収より早くなることが多いはずです。
そうなると、資金は不足しがちでしょう。
不足資金を銀行借り入れする方法もありますが、資金の借り入れには限度がありますので、それ以外の資金調達方法を知っておくことも大切かもしれません。

ファクタリングに関する情報です。

金融機関の借り入れ以外に、手形の割引や裏書の方法もありますが、掛けで売った場合はこの方法は使えません。

その場合に活用できるのがファクタリングです。

Reutersに関する情報をまとめました。

リース会社でも対応している場合がありますが、金融機関等によってこの金融サービスを提供しています。


ファクタリングは、金融機関等が売上債権の支払い期日前にその債権を買い取ってくれるサービスです。

そのため、売上資金の回収を早め資金繰りを良化させる効果が期待できるでしょう。もちろん、本来の回収期日までの利息に相当する手数料は差し引かれますが、借り入れ以外に資金調達できる方法としては有効でしょう。


いざという時に使えるように、あらかじめ金融機関等に相談しておくといいかもしれません。